認知症を予防する食べ物

認知症を予防する食べ物ってどんなもの?

認知症を予防できる食べ物を調べてみました。

 

野菜や果物に含まれる「ビタミンC、E、βカロチン」
そして魚に含まれる「DHA・EPA」

 

これが脳、血管、血液、など老化防止に欠かせない成分ということです。

 

このビタミンCとビタミンEを一緒に摂ると、アルツハイマー型認知症になりにくくなるそうです。

 

中でも「DHA・EPA」の成分が最近俄然注目されているようです。

 

「DHA・EPA」を含む食べ物は、ずばり<魚>です。

 

それもイワシやサバなどの、いわゆる<青魚>

マグロ、アジ、アンコウの肝、うなぎ、イワシ、かつお、鮭、サンマ、ブリ

 

缶詰の「サバ水煮・味噌煮」「サンマ蒲焼」「イワシ水煮」なども良いそうです。

 

万能のビタミンとして有名な<ビタミンC>を多く含む食べ物は、

赤ピーマン、黄ピーマン、ゆず、パセリ、芽キャベツ、レモン、ケール、ピーマン、ゴーヤ、めんたいこ、モロヘイヤ、唐辛子、ブロッコリー、カリフラワー、かぶ、かいわれ大根、海苔、わかめ、昆布

 

パパイヤ、キウイ、グレープフルーツ、柿、いちご、パパイヤ、はっさく、オレンジ

 

抗酸化作用のある<ビタミンE>を多く含む食べ物は、

アンコウの肝、すじこ、キャビア、いくら、鮎、イワシ、たらこ、明太子、モロヘイヤ、うなぎ、大根、かぼちゃ、とんぶり、ホタルイカ、赤ピーマン、はまち、しそ、えび、カニ、唐辛子、アーモンド、抹茶、ひまわり油、綿実油、べにばな油、こめぬか油

 

どちらのビタミンも熱に弱い性質なので、サラダとかで食べたほうが良いようです。
<βカロテン>は、この<ビタミンC>と<ビタミンE>が含まれる食べ物で一緒に摂取できそうでした。

 

認知症になりにくい食べ物を総括すると・・

 

認知症になりにくい食生活って、完全に「和食」ですね。

 

魚を中心にした和食を食べるのが、認知症防止に良さそう。

 

今ってどうしても肉食が多くなってきてるから、魚不足は否めないです。

 

魚不足=DHA・EPA不足

 

DHAとEPAは「体内で生成されない成分」だそうなので、サプリなどで補って上げる必要がありますね。